RELEASE
  • SHARE ON

【RELEASE】約2万人が熱狂!バーチャルシンガー“YuNi”、VRカウントダウンライブで平成から令和にかけて全11曲を熱唱

 
 
豪華ゲストは、かしこまり・天神子兎音・ときのそら・樋口楓
 
 
モバイル動画を軸にメディア事業、動画マーケティング支援事業、タレントマネジメント事業を展開する株式会社Candee(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:古岸和樹、以下Candee)と、Activ8株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大坂 武史、以下Activ8)が共同プロデュースしているバーチャルシンガー “YuNi”が、4月30日(火) から5月1日(水)にかけて、VRライブ「さよなら平成カウントダウンライブ UNiON WAVE - clear -」をcluster(運営:クラスター株式会社、本社:東京都品川区、代表取締役:加藤 直人)にて開催、ならびにYouTubeにてライブ配信いたしました。

チケットは2度の追加販売を行い、開演前から大きな注目を集めていた本公演。当日は、かしこまり、天神子兎音、ときのそら、樋口楓をゲストに迎えた。それぞれ自身のオリジナルソングを引っさげてYuNiと一緒に熱唱。MCではお互いの活動やプライベートエピソードなどに触れ、平成という一つの時代の中で、活動を通して親交を深めた思い出を振り返った。中には、「令和になったらやってみたいこと」というテーマについて語る場面も。「実はまだやったことがないラップに挑戦したい」と話すYuNiに対し、ファンからは「聞きたい!」とコメントが殺到した。平成最後となる瞬間にはゲストVTuber全員が集合し、カウントダウン。大盛り上がりの中、令和元年の幕開けとなった。

令和元年歌唱一発目の楽曲はYuNiのオリジナルソング「Destination」。同曲は劇場版オリジナルアニメ『LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-』の挿入歌として人気を博した。「ジレンマ」や、ヒゲドライバーが作編曲・作詞を手がけた「ウタオウヨ、ウタオウヨ」など、4月24日に発売した自身初のアルバムに収録された新曲を含むオリジナルソングも立て続けに披露、会場はヒートアップしたまま本編が終了した。
アンコールに入ると、ファンにとっても思い入れの強い1stシングル「透明声彩」を熱唱。
間奏では「これからもっと皆に近付けるように、もっとがんばります!」と令和への意気込みを語った。全11曲を通してYuNiらしい透明感あふれる歌声が会場に響き渡り、新時代の幕開けを祝福した。

さよなら平成カウントダウンライブ UNiON WAVE - clear -

日時:2019年4月30日(火)開場 22:30 / 開演 23:15
会場:cluster ・ YouTube
ゲストVTuber:かしこまり、天神子兎音、ときのそら、樋口楓
セットリスト:
前半(平成)
  1. 1.フーアーユーなんて言わないで(天神子兎音)
  2. .Maple Dancer(樋口楓)
  3. ルーティン(かしこまり)
  4. Dream☆Story(ときのそら)
後半(令和)
  1. Destination
  2. 花は幻
  3. ジレンマ
  4. WinterBerry
  5. Write My Voice
  6. ウタオウヨ
  7. 透明声彩