INTERVIEW

  • Share On

大人の本気の...座談会

Candeeは考えた、、、、、

新しい時代のカルチャーとスターの創造を成し遂げるには、どんどん若い仲間を増やさなければいけないと。

ということで、
「19卒採用直結インターンシップ」募集開始します!!

え?今から?と思ったみなさん。
自分の可能性を発揮できるチャンスです!

まずは、ストレートに社長と新卒採用の社員の座談会を開催しました。
Candeeの社風を感じてもらえたらと思います。

まずは座談会の動画から・・・

〜大人の本気の座談会〜

人事:皆さん、今日は集まってくれてありがとうございます。
定期的に学生インターンを募集していこうと思っているので、新卒のみんなと社長の会話から、未来のCandee、今のCandeeを赤裸々に表現できたらと思います。
よろしくお願いします。

人事:では座談会形式なので、新卒のみんなから社長になんでも聞いてみてください。

新卒:・・・

人事:なんでも聞いていいですよ!なんでも。緊張しているのかな?

大高:じゃぁ、社長の年収は??

全員:笑

人事:さすがに答えづらいですよね。
せっかくなので改めて、社長からMission Vision Value をつたえください。

Candee のMission Vision Value

社長:新聞、映画、ラジオ、テレビとテクノロジーの発展とともに新しいメディアが登場し、メディアによってライフスタイルに変化が生まれ、新たなカルチャーや、スターが登場してきました。
今、まさにスマートフォンの普及に伴って、ライフスタイルはテレビからインターネットを中心としたメディア環境になったよね。

みんなはネイティブにこんな時代に過ごしているけど、その前からみている僕たちにはとても大きい変化に見えている。
その結果、これまでのテレビ的な一方通行型の情報発信では、ユーザーの心や行動を動かすことは難しくなったということ。

ということで、スマートフォン時代に必要なキーワードが3つあります。
・スマホファースト
・インタラクティブ
・ソーシャルグラフ
この3つを組み合わせた、熱量が高い映像体験を私たちはソーシャルビデオと定義したんだ。

「ソーシャルビデオ革命を起こし、新しい産業を創出する」ことで、「新しい時代のカルチャーとスターの創造」を実現しますという宣言で、この会社はできています。


本当に理解しているかな?見ないで言える?宮田くん・・


宮田:・・・

社長:(笑)覚えておいてね!!

社長:この「新しい時代のカルチャーとスターの創造」「ソーシャルビデオ革命を起こし、新しい産業を創出する」を実現するために、みんなにもってほしい意識をValueでまとめているんだ。

「大人の本気」は「自立した人間の」と言い換えられると思う。
私はなるべく社員みんなに責任と自由を委譲したいと思っている。
だから大人の本気さえもっていればどんどん任せていくよ。
「自立した人間の」一体感、好奇心、おもてなしの心、サバイバル心(変化に対応する)、悪ふざけ(尖ったアイデアや行動)が集まれば最強だと思うでしょ!

人事:いいですね。では新卒のみんなに、今の担当業務を聞いてみようと思います。

社長:まずは、大高くんから。

大高:開発チームで、Live Shop!のサーバーサイドのタスクやっています。
Live Shop!のインフラ構築を先輩に聞きながら勉強と平行して業務しています。

社長:大学では文系だったんじゃなかったっけ?

大高:そうです。大学は文系です。
友人がプログラミングして、その影響で初めたらハマりました。
ToC向けのサービスがやりたくってWantedlyで見つけてCandeeを受けました。
面接で僕のプログラムを見せて、言語が近かったこともあって即決でCandeeに決めたんです。

社長:つぎは、小柴さんよろしく。

小柴:はい、Live & Commerce事業で、ブランドチームのWEB担当をやっています。
KOKOdake.(https://kokodake.tokyo/)のサイトで商品投入、画像撮影、編集やっています。

Candeeへの決め手は、もともとはアパレルで販売スタッフになりたかったんですが、Candeeでインターンをして、自社ブランドもあるし、WEBの運用もあるし、販売だけより勉強できる事がたくさんあると思ったので決めました。


社長:そうなんだ。
インターンやってなかったらCandeeに入らなかったかもね。
実際やってみて、得たことややりがいなどはあった?

小柴:経験のないことでも、最初から業務に携わらせてもらえるので、挑戦する力が得られたと思います!
その分、失敗も多いですが、メンターの先輩がフォローしてくれました。
正直、最初は何もかもわからないけど、わからないからこそ努力しようという気持ちが強く芽生えていて、日々勉強中です。

やりがいは、自分が作成したバナーや、投入商品を見て、お客様の訪問数が増えたり、実際に商品を購入してもらえた時は嬉しいですね!


古岸:サイトも無事にオープンして踏ん張りどきだね!!頑張ろう!
次は吉田さんいってみよう。

吉田:はい!私は、Planning&Salesでアシスタント業務と、クライアントワークの勉強をしています。
就職活動中は硬めの会社に内定もらったんですが、どうせなら楽しそうな会社がよくってCandeeにしました。

社長:吉田さんそれだけで決めたんだね!次はライバー宮田くんいきましょう

宮田:はい!Live Shop!のアシスタントディレクターやアシスタントプロデューサーをしています。
学生時代にLINE LIVEをやっていたこともあり、配信の裏側に興味あったのと配信に関わってみたかったので、Candeeに決めました。

社長:インターンから今までどんな事をやったの?

宮田:アシスタントとして、番組構成の作成に携わったり、インフルエンサーの選定や、事務所とのやりとりなどをしています。
ライブ配信に使うカメラや音響、XSplitの扱い方を学んだり、フォトショップを使っての作業も多いですね!
初めは社会人としての基礎知識も学びました。


社長:みんなそれぞれ個性的な理由があっていいね。
その個性を失わないで、どんどん成長してほしいね。



社長:入る前と入ったあとでGAPはあったかな?

小柴:ライター・マーケティング業務から、入社して一ヶ月で自社ブランドのWEB担当になり全くやることが変わったことにびっくりしました!
あとは、組織替えなども多いですね。

大高:学生で勉強して書いていたコードと、仕事で書くコードのレベルが違った。
サービスをつくるので設計に関しても知識が必要だと痛感しました。

宮田:インターンシップ時はエンタメ中心のLIVE配信を手伝っていたが、徐々にファッション系のLIVEが増えてきたので、制作する方向性が変ったことがGAPですね。

社長:ベンチャーだし、変化が多いのは慣れてもらうしかないね。みんなも付いてきているので素晴らしいね。

社長:後輩が入るとしたらどんな人に入ってきてほしい?

新卒みんなのまとめ:協調性があって吸収力がある後輩、常識があるとんがった人、地頭のいい人、言われなくても自分で勉強をしていける人。

社長:なるほどね、みんなが入って思ったことだから全部大事なんだろうね。
少なくても尖った何かは失ってほしくないので、みんなも引き続き尖っていてくれよ。

人事:赤裸々なコメントをありがとうございます!!
今年のインターンシップもどんな子が受けに来るか楽しみですね。
みんな、先輩としてよろしくね!!

=================

いかがでしたか??
少しはCandeeの社風が伝わっていたら嬉しいです^^
今回のインターンシップは19卒対象です。


残りの学生生活で何か一つでもプラスになれる事を探している方や、今の内定に満足していない方、
もっと高い壁にチャレンジしたい方など、前向きなみなさんにお会いできる事を楽しみにしています!

<インターンのご応募はこちら>
https://hrmos.co/pages/candee/jobs/000010001