INTERVIEW

  • Share On

異業種からの転職で、Candee史上最短で結果を出した男!

ACCOUNT PRODUCER 枝 翔太

-Candeeで働こうと思った決め手は?

正直、ほとんど直感で決めました。笑

転職活動は約2ヶ月で、ベンチャー企業を中心に20社程面接に行きましたね。 実は、Candeeが最後に受けた会社でした。色々な会社をみる中で、Candeeは「なんか面白いことやっている会社だな」という印象と型はまらない面接に惹かれました。 前職は大手ハウスメーカーで勤務していたので、全く経験のない業界でしたが、面接で経験・実績ではなく、私の中身を見て頂けたような気がして、ここで働こうと決めました。

-Candeeでのアカウントプランナーの仕事内容

現在は、企業のPR動画やゲームアプリの会社のYouTubeのゲーム実況番組配信等、動画関連の営業をしています。直近では新規提案に行ったり、コンペに参加をする準備をしたりしています。 全てのことが新しいことだらけなので、楽しみながら仕事をしています!

-Candeeの仕事の醍醐味、やりがいは何ですか?

デジタルマーケティングの分野で、最先端の動画配信をどこよりも誰よりも早くやるというところに醍醐味を感じています。この最先端の分野でスピード感をもって多くの経験ができれば私自身の成長にも繋がりますし、会社の成長スピードもどこにも負けないというワクワク感もあります

-Candeeの社風は?

とにかく個性豊かな人が多く、かなりフラットな社風だなと感じています。 年齢や勤続年数を気にする人がいないので、そういう意味では体育会系色がなく仕事ができる人が伸びる社風だと思います。 私自身は、異業界から転職してきたので日々刺激を受けています。 オフィスは仕事に集中できる、いい環境ですね。

-ずばり、どんな人と一緒に働きたいですか?

私自身が未経験の業界にチャレンジしたいと思って入ってきたので、同じようなマインドの、チャレンジ精神溢れる人と刺激しあいながら働きたいです。 あとは、仕事も遊びも全力で楽しめる人ですかね。

-前職から活かせていることはありますか?

前職は、全く違う業界の大手ハウスメーカーで営業をしていたので、仕事に対する姿勢や、クライアントの立場にたって物事を考えること(特にシビアな金額面など)に関しては、活かせていると思います。

-最後に、今後の目標は??

まずは独り立ちをして、仕事の結果で営業チームを引っ張っていく存在になることです。 クライアントを多数抱えられるようになり、将来は“枝”チームを作って、チームで結果を出せる存在になりたいです。 仕事の案件に関して言えば、今は早くライブ配信を受注して、現場を回せるようになりたいです。

そしてこのインタビューの数日後…

Candeeの中途入社史上最短で、ライブ配信案件を受注。

これからが楽しみな社員の一人です!