INTERVIEW

  • Share On

“責任”と“自由”のバランスで、マーケットをリードする営業を!

SENIOR VICE PRESIDENT 鈴木 賢

-Candeeの営業の醍醐味・やりがいは何ですか?

私が前々職のオプトに入社したのは2002年。その時はインターネット広告、効果の見える化の様な波が出ている時だったので、自分がマーケット創りに貢献できている感覚がありました。
2ヶ月前からCandeeにジョインして営業をリードしていますが、WEB動画・モバイル動画に関しても当時のような大きな波を感じられます。 今しか感じられない醍醐味・やりがいは、マーケットを盛り上げていくフロントを担えるところにありますね。

-Candeeの社風は?

様々な業界で活躍してきた自立した人たちが、自分の強みを発揮している環境なので、“責任”と“自由”が良いバランスであり、オフィスも明るい雰囲気ですね!
毎月各部の進捗・報告を映像で報告する“ Candee TV”では、先日念願のプロデューサーを経験できました。大人の本気の悪ふざけの社風を体現した、コメディタッチのドラマに仕上げ、私も業界バリバリのPを熱演(笑)パワポでの報告ではなく、映像で報告するのがCandeeらしいですね。 社外秘の内容が盛りだくさんな為、入社した方にはぜひ見てもらいたい!

-どんな人と一緒に働きたいですか?

創業2年というまだまだこれからの会社なので、一緒にサバイバル的なテンションで働ける人と会いたいです。 良い意味で「変な人」「何かに突出している人」と仕事をすると楽しいです。

-必要な経験や技術はありますか?

「動画」も「広告」も「営業という行為」もコミュニケーションが大事なので、私達に近しい領域でコミュニケーションしてきている人は、入社してからスタートダッシュしやすいと思います。

-今後の目標を教えてください。

LIVEコンテンツの制作実績は当社が日本でトップクラスだと自負していますが、WEB動画・モバイル動画の領域でNo.1といえるサービスをもっともっと増やして、市場拡大に貢献していきたいです。

<プロフィール>

成蹊大学卒業後、 加賀電子株式会社に入社。2002年株式会社オプトに入社し、営業・メディアバイイング・SEMなど、Webマーケティングに関わる部署のマネージメントを担う。2011年以降は新規事業の執行役員として、Webサービス開発に従事し、その後子会社である株式会社コンテンツワン代表取締役に就任する。2015年2月株式会社モードツーへ入社し、2015年11月取締役に就任しインタラクティブビジネス全体を担当。2017年1月1日より、弊社執行役員として入社。現在に至る。