INTERVIEW

  • Share On

Candeeなら個性を最大限に活かしていける

ACCOUNT PRODUCER 長尾和明

これまでのキャリアについて教えてください。

大学時代は映画サークルに入り、監督としてさまざまな自主制作映画をつくっていました。

そこでの活動を通じて、「どのようにしたら見る人の心を動かすことが出来るか」ということを常に考える癖がつき、今の自分を支える大きな力になっていると思います。

卒業後も映画の自主制作を続け、このまま映像を仕事にしたいと思い、VODの運営会社に就職。そこでは、ディレクターとして動画プラットフォームの企画や制作ディレクション、プロモーション全般からアライアンス営業などを経験しました。

Candeeに入社しようと思った理由を教えてください。

今まで培ってきた映像制作のノウハウや、広告のコンセプトづくり、企画面におけるスキルを活かしながら、市場として伸びている動画の分野で新しいチャレンジができると思い、入社を決めました。

また、経営陣との距離が近く、今まで世の中になかったサービスを生み出していける環境も魅力的だと感じました。

Candeeでの仕事のやりがいを教えてください。

Candeeの営業は、デジタル動画コンテンツの企画から制作ディレクション、配信までをワンストップで手がけられるため、クライアントごとの要望にしっかりと応えていき、常に満足度を高めていけることがやりがいにつながります。

また、創業3年目のスタートアップでありながら、デジタル動画コンテンツにおいてはトップクラスの実績があるため、直接やり取りできるナショナルクライアントも多く、幅広い案件にも関われます。

ライフワークとして、都内のミレニアル世代に街頭インタビューを行い、若者の本音を題材にしたオリジナル番組を制作・配信しているのですが、その経験から「若年層」のカテゴリーでは誰にも負けないくらいの知識やノウハウがあると自負しています。それを元にクライアントに対して新しいアイディアを提案する機会も多く、オリジナリティのある企画だと評価してもらえたときは非常に嬉しいですね。

今後の目標を教えてください。

デジタル動画コンテンツ業界の中で、「ミレニアル世代のマーケティングなら長尾に聞け」と言ってもらえるような存在になりたいと思っています。

どんな仲間と一緒に働きたいですか?

一緒に働きたいと感じるのは、やはり何かに秀でたスキルや経験を持っている人ですね。Candeeには多様なバックグラウンドを持った社員が集まっているので、個性を最大限に活かせる職場だと思います。

プロフィール

前職ではビデオ・オン・デマンド(以下、VOD)を提供する会社のディレクターとして、映像配信プラットフォームの企画及び制作ディレクションを経験。その後、営業としてアライアンス提案に携わる。2016年にCandeeへ入社し、広告部門のチームリーダーとして活躍。前職から現在までの10年間にわたり、週一回の街頭インタビュー番組を配信しており、ほぼライフワークとなっている。また、先日リリース発表をした、中国大手IT企業のBytedanceとの協業についてもメインで担当。Bytedanceが運営する無料動画配信アプリ『TopBuzz Video』初となるオリジナル番組「美女の隠し穴」を制作した。http://candee.co.jp/news/2017/release_1128_bytedance/